知的財産権のプロ
サトーリョータロー
弁理士
【日本弁理士会】知的財産支援センター副センター長、高専、大学の知的財産の授業普及活動を担当
【日本特許庁工業所有権審議会】弁理士試験委員(2015年、2016年担当)

<プロフィール>

1970年 東京都秋川市生まれ。
学生時代には、「NHKアイデア対決・全国高校専門学校ロボットコンテスト」「NHKアイデア対決・全国大学部門」に、ロボットの駆動と制御の担当として出場した経験も。
長年の趣味のヨットレースでは、小学生の頃は、江ノ島や浜名湖、大学時代には、470級で国体や、地域のレースに出場。
1995年4月 ~ 2000年3月 大学院修了後、大手建設会社で、工場設備の社内開発の設計等を企業で担当。
2000年4月 ~ 2001年 小規模特許事務所にて、電気回路部品の特許出願に従事。
2002年 ~ 2005年2月 中規模特許事務所にて、織機、IC回路検査装置の特許出願に従事。
2002年11月 弁理士登録
2005年3月 ~ 2010年9月 大規模特許事務所にて、大手電力会社関連の特許出願に従事。
2010年10月 日野市において佐藤特許事務所を開設。現在日本弁理士会・日本弁理士協同組合・日野市商工会所属。

ホームページ 弁理士佐藤のサイト
https://sato-patent.jp/

<コアスキル>

・得意分野は構造系、制御系の特許出願
・第三種電気主任技術者(電験3種)
・ヨット(レーザ級)と小型船舶免許1級を所持

<業務内容>

国内特許出願、意匠出願、商標出願、実用新案登録等の出願代理業務
中間処理全般、鑑定、審判・審決取消訴訟対応、提携特許事務所との連携も多数
【取扱分野】機械/日用品/民生品/生産設備・システム/ソフトウェア ほか

<利用の仕方・おすすめポイント>

地域に密着した公共施設なので、日野の個人事業主の方との交流も図れます。インターネット環境も整っているので、パソコンで作業される方にはおすすめです。

<一言メッセージ>

小学生の頃から、父の設計業(自動車車体プレス型設計)の図面チェックを家事手伝いの1つとして行っていました。
その経験が、現在の弁理士という業務に活かされています。
特許事務所では、非可逆回路部品の構造部分、工場設備機械、検査針等、小型から大型までさまざまな織機の構造・制御案件全般を担当した経験から、構造系、制御系の特許出願が得意です。民生品のような一見すると、簡単な構造を文書表現するのは意外と経験が必要なので、ぜひお任せください。また、提携特許事務所と連携して、助成金を利用した特許出願が可能ですので、こちらもご相談ください。
知的財産の情報を発信するとともに、企業様も、個人様もどなたでも気軽に相談していただける弁理士を目指しています。

<PlanT運営から>

いつもにこやかなサトーさんは、地域の企業、個人事業主のビジネスを応援する弁理士さん。弁理士さんというと、一見堅い印象ですが、子どもの頃から、社会人を通して培ったヨットレースの腕前や、プログラミングに関する知識など、マニアックな話題も豊富に持ち合わせた、ユニークな一面もお持ちです!
素人ではハードルが高いと感じてしまう、特許出願や知的財産に関することも一括してお任せできるので、ビジネスアイデアの実現を目指す方の、強い味方になってくれること間違いなしです!