人生100年!生涯現役!
富井 計一
(株)東京ルネッサンス代表取締役

<プロフィール>

昭和23年 新潟県出身
工学院大学卒業後、建築設計事務所へ入社
以降、企業社屋、マンション、住宅などの設計をはじめ、海外プロジェクトを担当。
昭和51年 一級建築士取得後富井建築計画事務所設立
平成23年 震災鑑定業務を実施
平成24年 福島県南相馬市 環境省、建設会社を通して日本国土開発依頼により、放射能汚染調査の実施
同年、企業の社屋のメンテナンス管理業務に着任
平成27年 ㈱東京ルネッサンス代表取締役に就任
平成28年 ㈱東京ルネッサンスとしてPlanTに入居

<コアスキル>

一級建築士
インフラ関連全般のビジネス、コンサルティングなどをライフワークとしています。

<業務内容(サービス内容)>

・設計監理業(市場調査、土地建物の企画・設計・設計監理など)
・不動産業(土地建物の仲介、斡旋、情報サービス、税務相談、資金相談など)
・建設業(建物の建設・施工管理・メンテナンスなど)
・ビル管理業(総合ビル管理・テナント斡旋・駐車場管理)

<利用の仕方・おすすめポイント>

いつも早朝の静かな時間帯に寄らせてもらっています。入居者サービスのコーヒーを飲みながら、入居者の方と雑談をするのが毎日の楽しみ。ここは公共の施設なので、行政に携わる方の出入りもあり、SDGsなどへの取り組みの情報にアクセスしやすいのも嬉しいです。

<一言メッセージ>

日野に根を下ろし、不動産・建築関連のちょっとした相談から、次世代の人たちが抱えるあらゆる問題の解決に向けて、日々努力しています。多角的にものごとを捉えることによって、ビジネスチャンスが生まれる可能性を追求し、収益の高い事業へつなげることが目標。次世代への事業の引継ぎ、循環も視野に入れながら、多摩、そして東京、日本を奔走しています。

<PlanT運営から>

富井さんは地域の課題解決への取り組みに熱心なパワフルシニアといったイメージ。毎朝のおしゃべりタイムから、ビジネスの種を量産し花を咲かせる様はまさにPlanTのプラント。いろいろなビジネスの構想をお持ちなので「こんなアイデアがあるんだけど…」という方は、ぜひ富井さんのところに!