プロジェクト

日野市内のものづくり企業をキャラバン!「メーカーズキャラバンvol.4」終了しました!

地域のものづくり企業の技術やサービスを掘り起こし、
実際に行って・見て・触れて・学んでちょっと視点を変えて考えていくプロジェクト「メーカーズキャラバン」。
第4回目を2019年3月23日(土)に開催しました。

実は日野市は製造品出荷額等が第2位を誇る、東京都有数の工業の町。 製造業の事業所は約200にも及び、特に、新製品の量産化に向けての技術開発を行う“試作”を得意とする企業が多いのが特徴と言われています。

そんな日野市がものづくりの街だということは、意外と知られていないですし、知る機会がないのが現状です。
なら実際に工場に足を運んでみよう!そして、この機会に企業の製品やサービスを学び、考えるきっかけをつくろうということで生まれたのがメーカーズキャラバン!

今回、そんな想いに共感してくださり、ご協力してくださったのが、カドミ光学工業株式会社さん。
カドミ光学工業さんは、医療機器、分析機器などの精密機器に組み込む光学ガラス部品の加工メーカーです。
レンズ・プリズムなどのように、光の反射、屈折を利用した光学素子の材料となる高い均質度をもったガラスである「光学ガラス」を特殊な研磨技術や接着技術等、まさに職人技ともいえる、精密かつ高度な加工技術を持つ会社さんです。
また、最近では、産業機器中心のものづくりの幅を広げるため、光学ガラスを用いた一般消費財の加工・製品化にも着手。その代表的なブランドである「FROM NOWHERE」は、光学ガラスのもつ素材の力と加工技術を活かした製品を通して精神的な暮らしを提案する製品として、グッドデザイン賞も受賞しています。

そんなカドミ光学工業さんにご協力いただき、メーカーズキャラバンvol.4では、「光学ガラス加工技術の新しい活用方法」をテーマに、実際に会社にお邪魔し、製品の技術を学び、そしてPlanTで新たな活用方法についてアイデアソンを行いました。

今回の参加者様にはなんと高校1年生も!

それ以外にも会社を経営される方、デザイナー、公務員など様々な職種、そして10代から50代までと幅広い年代の、これまで以上に幅広い参加者総勢15名の方々と共に、新しいアイデアを生み出すべく、走り抜けた1日をレポートします!

【行く】【見る】【学ぶ】 中々見る・学ぶ機会のない技術を見に、工場見学へ出発!

「今日1日頑張るぞー!!!」

「おーーー!!!!!」

PlanTにて、メーカーズキャラバンの想いや工場見学の注意点をお伝えすると共に、自己紹介をした後に、こんな掛け声のもと、工場へと出発するのが、メーカーズキャラバン。

背景の異なる参加者様と共に、想いを1つにして、工場へと出発します!

多摩モノレール万願寺駅目の前に立地するカドミ光学工業さん。
工場見学では、カドミ光学工業さんの切断技術や研磨技術、接着技術や組立技術など、順序よく丁寧にご説明いただきました。
お忙しいなか、実演までしていただき、その職人技に、参加者様一同「おぉぉ~~」と感嘆の声をあげ、大興奮!
普段、なかなかお目にかかることはない、その技術を真剣に見て、学び、午後からのアイデア出しの種を見つけていました。


あっという間に終わった工場見学の後は、再びPlanTに戻り、早速お昼ごはん!
お昼ご飯は、PlanTの創業スクールにも通われ、ナチュラルフレンチのケータリングサービスを行っているkizagisuさん!
終了後のアンケートにも「お弁当が美味しかった!」なんて声も聞こえるほど、ぺろりと皆さん平らげていました。
お弁当後の昼休みは、多くの方がメーカーズギャラリーへ。
ここには、カドミ光学工業さんがPlanTにお持ちいただいた製品やパネルの数々が。
工場見学した後に、見ることで、皆さんより理解を深めていました。

【考える】光学ガラスの加工技術の新たな活用方法を考えよう!アイデアソンへ!

今回のワークは、過去最大の5つをご用意!
様々なワークシートをご用意し、それを元に、5人3チームに分かれ、アイデアソンを行いました。

アイデアソンは何はともあれ、異なるスキルや背景の方々とアイデアを出し合うプロセス、それ自体を楽しむもの。
そして、その楽しみの先に、さまざまな制約条件を考慮して思考していかないといけないその道のプロの立場では、出ないような、きらりと光るアイデアが出るものだと思っています。

今回も実に様々な背景の方々が、それぞれの持ち味を生かし、アイデアを発想したり、成果物をまとめたりしました。

また、ここでの出会いから、PlanTに足を運ぶようになった方やPlanTの受付スタッフになった方、そして何度も何度もメーカーズキャラバンにリピート参加してくださり、ご友人まで連れてきてくださる方、そしてそんなリピーターたちが個別につながり、別の場所でコラボレーションが生まれていることがあるのも、メーカーズキャラバンの特徴。

たった1日ですが、ぎゅっとみんなでアイデアを出し合う過程を通すことは、とても密なつながりが生まれやすいのかもしれません。

【共有する】参加者以外の方々も聴講可能な公開プレゼンテーション

さて、そんなアイデアソンをおよそ3時間半行い、完成させたアイデアをいよいよカドミ光学工業さんへプレゼンテーションします。
会場には、一般の参加者様も参加可能で、参加者様のご関係者様もいらっしゃる等、参加者以外の方々も聴講できます。
チームごとに異なる着眼点を持ち、それぞれ三チーム三様のアイデアを披露しました!
最後は一日共に頑張ったメンバーで乾杯!さらに交流を深める打ち上げをしました。
途中、3チームの中から「ベストアイデア賞」ということでカドミ光学工業の方々が一番すてきだと感じたアイデアを表彰する場面も。
カドミ光学工業からご参加された3人が全員異なるチームの案を推すなど、どの案も甲乙つけがたい案だったとのこと。
こうして、メーカーズキャラバンvol.4は幕を閉じました。
今回までで、実に延べ60名以上の方々が参加しているメーカーズキャラバン。
メーカーズキャラバンにご参加された方々だけにご案内するFacebookグループもかなり賑やかになってきました。

ここでの繋がりを大事にしながらも、もっといろいろな方々にご参加いただけるよう、そして今後も、新しいものづくり企業との接点をどんどんつくっていけるよう、パワーアップしながら、今後も継続していきたいと考えています!

今後とも、ぜひご注目ください!